休業延長のお知らせ

アホウドリ代表の大石です。1週間休んで、またアホウドリを始めよう。と思っていたのですが、日に日に状況が変わって参ります。アホウドリもゴールデンウィークが明ける5/7まで、おやすみしようと思います。

電話は代表の大石に転送されますので、お問い合わせなどございましたら気長にお待ちいただければと思います。メールはこまめに確認しております。

1番動いている方々の発信する言葉に耳を傾けると、保健所、医療従事者の方がとにかく外出を控えるように訴えかけています。

一方で飲食店も、稼働しなければ苦しいという事情があります。今この時も外出して働かなければならない方に「外出を控えて」と訴えかけることもありません。それはそれで色んなままならさを抱えての外出です。

私自身は0歳の息子の預かり先である保育園からの登園自粛要請に応じている状況です。横浜市の保育園で起きた職員のコロナウイルス感染隠蔽のニュースなどを見ると、1人の働く母親として何を信じて働いたら良いやらと不安に感じたりもします。

スタッフの中には健康不安を抱えている人や、電車に乗って通ってくる人、高齢の家族と同居している人もいます。ひとりひとりがみんな不安な春を過ごしていると思います。

ですが、この状況が短期間で終われば持ち堪えることができる。人との接触を8割減らすと、1ヶ月で収束するそうです。なのでアホウドリとしては、人との接触が発生する仕事を、少なくともゴールデンウィークが明けるまでは思い切って控えることにしました。

その間、zoomなどを使ってみて、自粛が続く時にアホウドリができること。アホウドリの中で働いているそれぞれの顔が見えるようなこと。これまでできなかったことにチャレンジしてみようも話しています。インスタを使ったアイデアやお弁当以外のことも考えています。

お楽しみは、きっとある。安全とお楽しみの両立を、みんなで知恵を絞って考えていきたいと思います。

同じカテゴリーの記事5件